鶏ササミ・むね肉のフリーズドライ・手作り燻製おやつシリーズ 鶏肉燻製の原材料 〜三種類のハーブを食べて育つ鶏〜



 

ホワイトフォックス「鶏ササミ・むね肉のフリーズドライ・手作り燻製おやつシリーズ 鶏肉燻製」の原材料となる長州鶏は

大自然に囲まれた山口県長門市近郊でストレスが少ないとされる「平飼い」でのびのびと育てられています。





 

鶏は環境に左右されやすく繊細で弱い生き物です。抗生物質・合成抗菌剤に頼らない飼料で育てるためには、

健康で病気に強い鶏を育てる必要があります。そこで、長州どりの「安全・安心」というテーマを守りつつ、鶏を健康的に

育てるために注目したのが薬効があるといわれている「3種のハーブ」(タイム、セージ、ローズマリー)でした。

長州鶏は抗生物質・合成抗菌剤を一切添加しない、ハーブ入りの飼料を食べて健やかに成長します。





 

「安全・安心」な食品を製造するためには、食品工場は衛生的な環境を維持し続けなければなりません。

長州鶏を加工する工場では、食品を扱う作業従事者は食品衛生の知識を有し、衛生的な食品の取扱を徹底しています。





 

鶏肉燻製の原料となる、安心・安全で美味しい長州鶏は中国地方の食卓の人気定番食材です。














 

「このおやつは本当に安全なものなのかしら?」そんな不安を感じながら大切な家族が口にする

「おやつ」を選んでいるママさん達へ、少しでも目に見える「安心・安全」をお届けするため、

 ホワイトフォックスのおやつの製造・加工現場の裏側を紹介していきます。